電話番号無料体験レッスン
MENU
MENU
  • 幼児向けカリキュラム
  • 小学校低学年向けカリキュラム
  • 小学校中学年向けカリキュラム
  • 小学校高学年向けカリキュラム
クラリネットコース

クラリネットコース

全管楽器の中で一番音域は広い音域を持つ楽器!

軽快な音から神秘的な音まで様々な顔を持つ楽器をふきこなそう。

幼児向けカリキュラム 幼児のお子様

クラリネット

クラリネットは穴が空いている所を塞いだり離したりして音を出します。左手は小指以外、右手は親指と小指以外の指は穴を塞ぐのを担当します。

ヴァイオリンの様に、子供用の楽器と言うのはありませんから、当然指の間隔は大人向けに作られたクラリネットで吹かなければいけないので、EYSでは幼児期のクラリネットコースは開講しておりません。

幼児向けカリキュラム ママ&パパの場合

お子様を「大切に育てたい」、「愛情をかけ育てたい」、「個性を大切に育てたい」さまざまな思いを持って子育てをされていると思います。その中でストレスも多々感じ、時には子供にあたってしまうこともあります。

そんな中、新しいコミュニティに入ることで、ただ、話を聴いてもらえるだけで十分なこともあります。お子様の音楽に触れている姿も見れて、また明日から気持ちを入れ替えて過ごすことができることでしょう。

ページトップへ
小学校低学年向けカリキュラム 小学校低学年のお子様

クラリネット

クラリネットは穴が空いている所を塞いだり離したりして音を出します。左手は小指以外、右手は親指と小指以外の指は穴を塞ぐのを担当します。
ヴァイオリンの様に、子供用の楽器と言うのはありませんから、当然指の間隔は大人向けに作られたクラリネットで吹かなければいけないので、一度体験レッスンに来られて試してみるのもいいかもしれません。

またEs管クラリネットは、通常のクラリネットよりサイズが小さい為、小さなお子様でも手が届けばレッスンが可能ですが、楽器が高価な事もありご用意可能であればレッスンを受講頂けますので、一度ご相談下さい。

小学校低学年向けカリキュラム ママ&パパの場合

少しづつ集団生活にも慣れてきて、お子様も小学校へ上がり、日々のルーティンが出来てくることだと思います。
毎日これが出来た、あれが出来ないなど報告してくる子供の姿や、発表会で一人で演奏する姿にはママもパパも涙なしには見れない感動的な場面が訪れると思いますよ。

ページトップへ
小学校中学年向けカリキュラム 小学校中学年のお子様

クラリネット

クラリネットは穴が空いている所を塞いだり離したりして音を出します。左手は小指以外、右手は親指と小指以外の指は穴を塞ぐのを担当します。ヴァイオリンの様に、子供用の楽器と言うのはありませんから、当然指の間隔は大人向けに作られたクラリネットで吹かなければいけないので、一度体験レッスンに来られて試してみるのもいいかもしれません。

クラリネットは年齢よりも、お子様の体格、手の多きさでレッスンが可能かがきまります。またEs管クラリネットは、通常のクラリネットよりサイズが小さい為、小さなお子様でも手が届けばレッスンが可能ですが、楽器が高価な事もありご用意可能であればレッスンを受講頂けますので、一度ご相談下さい。

小学校中学年向けカリキュラム ママ&パパの場合

初めての集団生活でたくさんのことを学び、吸収してくるお子さんの姿を見ると嬉しいものですよね。
子供は新しい発見が大好きです。こんな楽器があるんだ!こんな音が出るんだ!と、音楽に触れることで子供たちの心は豊かに育ちます。
お子さんの楽しむ姿を見て、お父さんお母さんも一緒にワクワクすること間違いありません。

ページトップへ
小学校高学年向けカリキュラム 小学校高学年のお子様

クラリネット

クラリネットは穴が空いている所を塞いだり離したりして音を出します。左手は小指以外、右手は親指と小指以外の指は穴を塞ぐのを担当します。ヴァイオリンの様に、子供用の楽器と言うのはありませんから、当然指の間隔は大人向けに作られたクラリネットで吹かなければいけないので、一度体験レッスンに来られて試してみるのもいいかもしれません。

クラリネットは年齢よりも、お子様の体格、手の多きさでレッスンが可能かがきまります。またEs管クラリネットは、通常のクラリネットよりサイズが小さい為、小さなお子様でも手が届けばレッスンが可能ですが、楽器が高価な事もありご用意可能であればレッスンを受講頂けますので、一度ご相談下さい。

小学校高学年向けカリキュラム ママ&パパの場合

初めて触れた楽器に感動するお子様の様子や、家に帰っても楽器を触っている姿、今までとはまた違った様子が伺えると思います。
そんな姿にママパパも音楽を好きになったり、発表会で感動して涙したりと、心動かされる出来事が日常に増えることと思います。

ページトップへ