【バレリーナの理想的な体型とは?】美しく見せる姿勢の作り方を解説

EYS-KIDS編集部

EYS-KIDS編集部

バレリーナの理想的な体型について考えてみよう

バレリーナの体型は、細っそりとしているだけではなく、難度の高い技を優雅に表現する筋肉の美しさがあります。

バレリーナ体型の美しさは、どのように作られるのでしょうか。バレエレッスンや自宅での練習の中で、努力できることがあれば、試してみたいと思う人も多いでしょう。

そこで本記事では、バレリーナ体型の特徴、美しく見せる姿勢の作り方について、ご紹介します。この機会にバレリーナの理想的な体型について、考えてみましょう。

バレリーナ体型の外見上の特徴5つ

バレエに向いているかは外見で分かるといわれるように、理想的なバレリーナの外見上の特徴は、体型と骨格にあります。どのような特徴があるのか、1つずつ確認していきましょう。

まっすぐな足のライン

バレリーナは、立った姿勢での足のラインがまっすぐで、足を高く上げても、そのラインは保たれています。

まっすぐな足のラインとは、立った時につま先とひざが前を向いている状態で、ひざの関節が飛び出していないということです。つま先がよく伸びる人は、足首の関節の可動域が広いことが挙げられます。

足の甲が高い

バレリーナの足は、伸ばした時に甲が高く伸びています。足の甲が高いとは、土踏まずとかかとを高く引き上げると、足の甲にアーチができる状態のことです。日本人は欧米人に比べて、足の甲が低く、幅が広いという特徴があります。バレリーナを目指す人が、足の甲が出ないと悩む最大の原因といえます。

足の甲が高いと、トウシューズで立った時に、アーチができて、足が長く見えます。バレリーナは、足の甲が高いうえに、ひざ関節が柔らかく、ひざが内側に入ることで、美しいS字カーブとなります。

手足が長い

バレリーナは、手足がすらりと長く、表現力豊かで魅力的です。身長が高い人は、手足が長い傾向があります。低年齢の子どもの場合、まだまだ手足が短く、成長とともに伸びていきますから、幼児期に手足が短いことに悩む必要はありません。

首が長い

バレリーナは、首が細長く見えます。しかし、首の長さ自体は、バレリーナもそうでない人も、変わりはありません。誰もが頸椎は7つですから、背筋を伸ばして引き上げることで、視覚的に首を長く見せています。バレリーナの長い首は、生まれつきではなく、努力の結果なのです。

顔が小さい

バレリーナは、顔が小さい人が多いです。体が引き締まってくると、ある程度は顔も小さくなります。実際、すべてのバレリーナが顔が小さいというわけでもなく、姿勢や体と筋肉バランスなどで、小さく見えるということも多いにあるといわれています。

バレリーナ体型を目指す人が取り組みたい美しい姿勢の作り方

筋肉のつき方や関節の柔軟性ついては、レッスンや自主練習で作り上げていくことができます。持って生まれた体を活かせるように、姿勢から見直して、理想のバレエ体型を目指しましょう。ここでは、美しいバレエ姿勢の作り方について、解説します。

①足裏全体で床を押すように立つ

美しい姿勢作りは、土台となる足裏を意識することから始めましょう。足裏の重心が傾くと、背筋をまっすぐに伸ばしづらい状態になってしまいます。

重心が傾かないように、まっすぐ立つためには、足裏の3箇所を意識することが大切です。かかと・親指の付け根・小指の付け根の3箇所を床につけて、押すようにして立ちます。足の指を床から持ち上げると、3箇所を意識することができます。土踏まずが付いてしまう人は、足の甲を引き上げてみてください。

②お腹を伸ばす

バレエでは、常に体を引き上げて、美しい姿勢を保っています。また、回転やジャンプの衝撃を和らげたり、次の動作に移りやすい姿勢を保っています。体をまっすぐにしようと、腹筋に力を入れてしまいがちではないでしょうか。お腹に力を入れると、引き上げる力が弱くなってしまいます。

みぞおち付近から上へ引き上げるように、お腹を長く伸ばしましょう。体を前に倒した時も、みぞおちを丸めるようにしながら、お腹を伸ばして体を起こします。

③肩の力を抜いて首を長くする

首は、肩が内側に入っていたり、首が前に出ていたりといった姿勢を正しくすることで、長く見せることができます。

肩の力を抜いて、肩を自然な位置にします。左右の肩甲骨を寄せて下げるようにし、デコルテを広げます。頭上から引っ張られるように、少しあごを上げて、首を長くすると自然と体がまっすぐになります。

バレリーナ体型に必要な筋力はバレエレッスンで

バレリーナの体型の特徴を理解して、筋肉を鍛えることで、バレリーナ体型を目指すことができます。バレエレッスンは、基本動作の繰り返しから、足裏や太ももの内側を鍛えて、バレエのポーズをより美しく見せる体づくりと姿勢づくりをしています。

筋力をつけるためには、本格的に体を動かす前のストレッチと疲れた筋肉をほぐすクールダウンも大切です。バレエ教室で行っていることを、自分でプランニングして実行するのは、容易なことではありません。

バレリーナ体型や美しい姿勢づくりをするなら、バレエレッスンを受けるのが効率的です。それぞれの人が持って生まれた骨格を活かすことが、可能になります。ぜひ、体験レッスンから始めてみてください。

バレエを習うならEYS-Kidsバレエアカデミーがおすすめ

バレエを習わせたい!そんな親御さんに、ぜひおすすめしたいのがEYS-Kidsバレエアカデミーです。

年齢別と経験別に9段階のクラス分けがされていて、お子様一人ひとりにぴったりのレッスンを受けることができます。今なら入会金が50%0FF !

もしもレッスンに満足できなかったら、別の先生に変更してレッスンを無料でやり直すことができます。先生との相性は重要なポイントですね。じっくり選べるのは安心です!

スタジオ変更や振替レッスンがあるから続けやすい

それから、体調不良や急用でレッスンをお休みすることになったら無料で振り替えができます。ご都合に合わせて他のスタジオに変更もできます。

振替のレッスンがあるので、他のおこさんより遅れてしまうのではないかと心配することも月謝を無駄にするようなこともありません。

EYS-Kidsバレエアカデミーは、お子様にとって安全で楽しいことを最優先にしながら、高水準のバレエレッスンを提供いたします。

EYS-Kidsバレエアカデミーでは、無料の体験レッスンを実施しています。ぜひバレエレッスンを体験してみてくださいね。

▼無料体験レッスンの申し込みはこちら

https://eys-kids.com/art-college/ballet/contact/

今なら入会金半額以外にも豪華特典がついてくる!

上記でご説明の特典(入会金半額)だけでなく、月会費500円OFF、そしてなんと、CHACOTTの可愛らしいバレエグッズ一式もプレゼント中です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!(2021年2月現在の情報になります。お申し込み時に特典の有無についてはご確認くださいませ)

最後に

理想的なバレリーナ体型は、元々の骨格の影響があります。しかし、骨格がバレリーナ向きでないとしても、正しい筋肉のつき方や関節の可動域を広げることで理想に近づけることが可能です。

バレエの正しい体の使い方を身につけていけば、小さな顔も長い首、まっすぐな足のライン、足の甲を出すことも現実のものになります。今回ご紹介した、美しい姿勢の作り方を試して、理想的なバレリーナ体型を目指してみてください。

メディアTOPに戻る

無料体験レッスン実施中!

初めてのバレエ教室に少し不安があるという方もいらっしゃると思います。EYS-Kids バレエアカデミーはそんな方のために無料体験レッスンを実施しています。どんな環境なのか、どんな先生や生徒さんがいるのか、しっかりと確認できます。

無料体験レッスンの
お申し込みはこちらから

EYS KIDS

ABOUT EYS-STYLE

楽しく(ENJOY)こどもたち(Kids)がバレエ(Ballet)を続けていける場所(Academy)でありますように、「EYS-Kids Ballet Academy」はこれからも未来に向け進化を続けていきます。

EYSをもっと知る EYS音楽教室
0120-978-900電話受付 9:00〜23:00
無料体験レッスン