【バレリーナを目指す子どもにおすすめの食事とは?】日常生活やコンクール前の注意点について解説

EYS-KIDS編集部

EYS-KIDS編集部

バレリーナを目指す子どもには食事が重要

太らないようにしたい、体のラインが気になるという理由で、食事に気を配っている人は多いようです。バレリーナを目指す子どもの食事では、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

バレリーナは、細っそりとした体型の人が多いとはいっても、踊るためには筋力が必要ですし、なにより、子どもたちは成長過程にあります。子どもには、栄養の偏った食事や無理なダイエットは避けたいものです。

そこで本記事では、バレリーナを目指す子どもの食事について考えていきます。食事は、バレエのための体づくりとしても重要な要素ですから、ぜひ参考にしてみてください。

バレリーナを目指す子どもの栄養バランスのとれた食事を

バレリーナを目指す子どもは、体型を気にするあまり食事を抜いたり、カロリーが少なすぎることは好ましくありません。大事なのは、栄養バランスがとれた適量の食事を1日3回摂ることです。バレリーナの食事はどのようなものかをご紹介します。

バレリーナに必要な筋肉を増やすには

筋肉を増やすために必要な栄養素は、たんぱく質です。たんぱく質には、脂質を多く含んでいる食材も多いので、低脂質・高たんぱく質になる食事がおすすめです。主菜として低脂質・高たんぱく質な肉には、鶏のむね肉やささみ、牛や豚のもも肉やヒレ肉などの赤身部分があります。

また、糖質やビタミンDを合わせて摂ることで、たんぱく質の分解と吸収を促進させることができます。ビタミンDは魚介類、卵、きのこに多く含まれています。ビタミンDは、日光に当たると体内で合成されるため、日に当たることも大切です。

食事時間も工夫が必要

食事内容とともに食事の時間にも工夫が必要です。食事から寝るまでの時間が近いと、消化が悪くなり体に負担がかかります。また、寝る時に空腹感が強いとよく眠れないこともあります。

寝る時間から逆算して、適切な食事時間を決めましょう。できるだけ、毎日同じ時間に食事をすることが大切です。

食事と同じくらい大切な睡眠

子どもの成長ホルモンや筋肉の成長には、十分な睡眠も確保したいものです。子どもにとって必要な睡眠時間は、3〜5歳で11〜13時間、6〜12歳で10〜11時間といわれています。

睡眠不足になると筋肉の成長に必要なテストステロンなどのホルモンの分泌が抑えられて筋肉の成長が妨げられてしまいます。また、成長ホルモンの分泌量が減ると骨や体が形成されにくく、成長に影響を与えるとされています。

バレエで消費する熱量と成長に必要な栄養素を満たすための食事

バレエは、頭の先からつま先までを意識して踊ることが特徴です。健康でなければ、美しい表現が難しくなります。どのような食事がバレリーナを目指す子どもに適しているのでしょうか。

バレエで消費する熱量と成長に必要な栄養

1日の食事量で大人と子どもで異なる点は、子どもには「成長に必要な栄養」を摂る必要があることです。

子どもだからこそ、食事をしっかり摂る必要があり、1日に必要な熱量は、大人の約1.5倍になるといわれているのです。厚生労働省が設定している「日本人の食事摂取基準」によると、6〜7歳の女子は運動量によって1.400〜1,600カロリーが必要とされています。

バレエレッスンの前は軽く熱量の補給を

1日3回の食事に続いて、大切となるのがおやつです。食事で摂りきれない栄養素を補い、食事から時間が空いた時に熱量を補給するためにおやつを取り入れます。

バレエは運動量があるので、レッスンの前に、軽いおやつで栄養を補うことがおすすめです。また、食事時間や小腹の空き具合によっては、レッスン後の補給でもよいでしょう。

食事を楽しめるように好きなメニューを取り入れる

食事は、栄養バランスや摂取するカロリーも気をつけますが、バレエのために我慢の多い食事では、バレエ嫌いになるかもしれません。 

そのためには、子どもが食事を楽しめるように、好きなメニューも積極的に取り入れたいものです。

バレリーナが気をつけるコンクール前に気をつける食事ポイント

バレリーナは、コンクールや舞台などの前に摂る食事でも欠かすことはありません。気をつけている食事ポイントをご紹介します。

消化に時間がかかる脂っぽいメニューを避ける

食事に使われている素材の種類によって、消化にかかる時間が異なります。コンクールなど大事なイベントの前は、脂っぽいメニューを避ける方がよいでしょう。前日の夜から脂っぽいものを多く食べると、当日に胃腸の調子が悪くなる可能性があります。

おすすめなのは、糖質を多く含む主食や果物などです。体を動かすためのエネルギーとして効率良く使われます。

生ものや食べ慣れないメニューを避ける

緊張すると、トイレが近くなったり、胃腸の調子がいつもと違ったりすることがあります。生ものや食べ慣れないメニューを食べると、調子を崩してしまう可能性もあるので、避けた方がよいでしょう。

バレリーナの食事はプロに教えてもらうのも1つの方法

具体的なバレリーナの食事は、プロから教えてもらうのも1つの方法です。バレエ教室の先生なら、子どもの頃から気をつけていることなど、知りたい食事ポイントをいくつも知っていることでしょう。

先生からのアドバイスは、子どもの心に響きやすいので、好ましくない食習慣を改めるチャンスにもなります。バレエ教室の体験レッスンで、質問してみるのもよいのではないしょうか。ぜひ、検討してみてください。

バレエを習うならEYS-Kidsバレエアカデミーがおすすめ

バレエを習わせたい!そんな親御さんに、ぜひおすすめしたいのがEYS-Kidsバレエアカデミーです。

年齢別と経験別に9段階のクラス分けがされていて、お子様一人ひとりにぴったりのレッスンを受けることができます。今なら入会金が50%0FF !

もしもレッスンに満足できなかったら、別の先生に変更してレッスンを無料でやり直すことができます。先生との相性は重要なポイントですね。じっくり選べるのは安心です!

スタジオ変更や振替レッスンがあるから続けやすい

それから、体調不良や急用でレッスンをお休みすることになったら無料で振り替えができます。ご都合に合わせて他のスタジオに変更もできます。

振替のレッスンがあるので、他のおこさんより遅れてしまうのではないかと心配することも月謝を無駄にするようなこともありません。

EYS-Kidsバレエアカデミーは、お子様にとって安全で楽しいことを最優先にしながら、高水準のバレエレッスンを提供いたします。

EYS-Kidsバレエアカデミーでは、無料の体験レッスンを実施しています。ぜひバレエレッスンを体験してみてくださいね。

▼無料体験レッスンの申し込みはこちら

https://eys-kids.com/art-college/ballet/contact/

今なら入会金半額以外にも豪華特典がついてくる!

上記でご説明の特典(入会金半額)だけでなく、月会費500円OFF、そしてなんと、CHACOTTの可愛らしいバレエグッズ一式もプレゼント中です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!(2021年2月現在の情報になります。お申し込み時に特典の有無についてはご確認くださいませ)

最後に

バレリーナを目指す子どもにとって、栄養バランスのよい食事は大切です。バレエレッスン以外の日は、自宅練習を習慣として、毎日体を動かしましょう。食事や睡眠など、基本的な生活習慣を身につけて、バレリーナを目指してください。

メディアTOPに戻る

無料体験レッスン実施中!

初めてのバレエ教室に少し不安があるという方もいらっしゃると思います。EYS-Kids バレエアカデミーはそんな方のために無料体験レッスンを実施しています。どんな環境なのか、どんな先生や生徒さんがいるのか、しっかりと確認できます。

無料体験レッスンの
お申し込みはこちらから

EYS KIDS

ABOUT EYS-STYLE

楽しく(ENJOY)こどもたち(Kids)がバレエ(Ballet)を続けていける場所(Academy)でありますように、「EYS-Kids Ballet Academy」はこれからも未来に向け進化を続けていきます。

EYSをもっと知る EYS音楽教室
0120-978-900電話受付 9:00〜23:00
無料体験レッスン