バレエレッスン前にするべき準備体操とは?正しいやり方をご紹介

EYS-KIDS編集部

EYS-KIDS編集部

バレエレッスンには必ず準備体操がある

バレエレッスンでは、いきなりレッスンを始めるのではなく、必ず準備体操を行います。バレエの動きは、日常生活であまり使わない筋肉や股関節の開閉があるので、準備体操が必要になるのです。

小さな子どもを対象としたバレエレッスンの準備体操は、先生がお手本となって進めていきます。はじめのうちは、先生と同じようにできないかもしれませんが、無理な力をかけ過ぎないようにすることが大切です。

準備体操は、毎回同じメニューをしているようでも、日によっては動かしにくいと感じることがあるかもしれません。子どもであっても、コンディションは毎回違います。そういった体の好不調を確認できるのが、バレエの準備体操です。

そこで本記事では、バレエにおける準備体操のやり方をご紹介します。自宅での練習の際にも取り入れて、なるべく毎日行うようにしましょう。

バレエで行われる準備体操にはバレエ要素が含まれている

バレエの準備体操は、バレエ要素を取り入れて、ゆっくりと行われるのが一般的で、先生によっては、軽めの筋トレを取り入れることもあるようです。スポーツ前のウォーミングアップとは、筋肉の動かし方に違いがあります。バレエをする人は、必ずバレエの準備運動を行いましょう。

背筋を伸ばして行う

バレエの準備体操は、腰骨から上に引き伸ばすことを意識して、背筋を伸ばして座って行います。仰向けで行う場合も、肩や腰が床から離れないように、背筋をまっすぐにして、伸ばすことを意識することが大切です。

全身をほぐす

バレエの準備体操は、硬くなった筋肉をほぐして関節の可動域を広げることが目的です。まず全身の筋肉をほぐしてから、部分的にこわばっている筋肉の力を抜いて緩めていきます。関節の動きが大きくなるとバレエの動きが向上します。

ただし、小さな子どもは骨が柔らかく、関節を支える筋肉の発達が十分ではないので、関節の可動域を広げすぎると、捻挫や脱臼を起こしやすいので、注意が必要です。

全身の筋肉を伸ばす

硬く縮んでいる筋肉をほぐしたら、少しずつ長く伸ばしていきます。バレエは、日常生活にはない体の動きをするので、筋肉の使い方が違うのです。そのため、よく伸ばして柔軟性を高めておかないと、足を上げたり、体を反らせたりする時に、ケガにつながる可能性があります。

バレエのための準備体操のやり方

バレエの準備体操は、反動をつけずにゆっくりと呼吸を整えながら行いましょう。ここでは、子どもが意識しにくい肩甲骨、足の甲とつま先、股関節のための準備体操のやり方をご紹介します。

子どもは、動かしているうちに速くなることがあるので、ゆったりとしたテンポの音楽を流すことをおすすめします。

まっすぐな足のライン足のライン

バレエは基本的につま先を伸ばして踊るので、足の甲とつま先の準備運動を必ず行います。

①両足を前に出して、背筋をまっすぐに保つ

②両腕を外側に開いて、指先を床につける

③ひざをまっすぐ伸ばして、つま先を上に向けて、かかとを押し出す

④つま先を伸ばし、甲を押し上げる

⑤③と④を繰り返す

つま先を動かしている間も、背筋を伸ばした姿勢を保ち、ひざも緩まないようまっすぐにしておきます。

肩甲骨をほぐして首を長く

首が短く見える原因の1つとして挙げられるのが、悪い姿勢です。首が長くなると、顔を小さく見えるので、肩甲骨の準備運動は必須ともいえます。

①両足を前に出して、背筋をまっすぐに保つ

②両腕を胸の前において、円を作るように肘を少し曲げる

③手のひらを外に向けて真横に伸ばす

④肘を少し後ろに引いて、内側に寄せる

⑤両腕で円を作るようにして、胸の前に戻す

⑥③〜⑤を繰り返す

肩甲骨が背中の中央に寄ったり、離れたりする感覚を覚えましょう。両腕を動かしている時も、頭の先が天井に引っ張られるように、引き上げておくと肩が自然に下がって、首が長くなります。

股関節をほぐしてバレエの動きをスムーズに

股関節はまっすぐな姿勢の時、左右に平行になるように開きます。また、股関節の可動域が狭いと、足を高く上げたり足を外側に広げたりする動きが、スムーズにできません。少しでも股関節の動きを良くするために、準備運動を行います。

①あぐら座にして、背筋をまっすぐに保つ

②両ひざを軽く上下に揺する

③両方の足の裏を合わせて、両手で持つ

④上体を左右に揺らす

ひざは床につけるようにして、かかとは体のほうへ引き寄せるようにしましょう。上体を左右に揺らす時も、背筋を伸ばしておきます。

お尻が出てしまう人は、お尻の下にクッションを敷くと骨盤が立って、両方の足の裏を合わせやすくなります。

バレエ教室でバレエの準備体操を体験してみよう

小さな子どもや初心者にとって、バレエの準備体操の動きは難しくありませんが、背筋を伸ばしながら行うのは簡単ではありません。また、やりにくい動きのまま、不必要な力をかけてしまう可能性もあります。

バレエ教室の先生なら、子どもの体に合わせて、動かしやすいようにアレンジを加えてくれます。先生の存在があるからこそ、リラックスしてら準備体操の効果を引き出すことができるのです。

ぜひ、バレエの準備体操をバレエ教室で、体験してみてください。そのためには、無料で受けられるバレエ教室の体験レッスンがおすすめです。準備体操からバーレッスンやセンターレッスンまで、合わせて体験できます。

バレエを習うならEYS-Kidsバレエアカデミーがおすすめ

バレエを習わせたい!そんな親御さんに、ぜひおすすめしたいのがEYS-Kidsバレエアカデミーです。

年齢別と経験別に9段階のクラス分けがされていて、お子様一人ひとりにぴったりのレッスンを受けることができます。今なら入会金が50%0FF !

もしもレッスンに満足できなかったら、別の先生に変更してレッスンを無料でやり直すことができます。先生との相性は重要なポイントですね。じっくり選べるのは安心です!

スタジオ変更や振替レッスンがあるから続けやすい

それから、体調不良や急用でレッスンをお休みすることになったら無料で振り替えができます。ご都合に合わせて他のスタジオに変更もできます。

振替のレッスンがあるので、他のおこさんより遅れてしまうのではないかと心配することも月謝を無駄にするようなこともありません。

EYS-Kidsバレエアカデミーは、お子様にとって安全で楽しいことを最優先にしながら、高水準のバレエレッスンを提供いたします。

EYS-Kidsバレエアカデミーでは、無料の体験レッスンを実施しています。ぜひバレエレッスンを体験してみてくださいね。

▼無料体験レッスンの申し込みはこちら

https://eys-kids.com/art-college/ballet/contact/

今なら入会金半額以外にも豪華特典がついてくる!

上記でご説明の特典(入会金半額)だけでなく、月会費500円OFF、そしてなんと、CHACOTTの可愛らしいバレエグッズ一式もプレゼント中です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!(2021年2月現在の情報になります。お申し込み時に特典の有無についてはご確認くださいませ)

最後に

バレエレッスンで行われる準備体操をご紹介しました。ご家庭での練習にも、準備体操を取り入れてみましょう。痛みが出るほど、押したり伸ばしたりしないように注意しながら、ゆっくり動かしてください。

子どもに適したバレエの準備体操は、ぜひバレエ教室で体験してみてください。

メディアTOPに戻る

無料体験レッスン実施中!

初めてのバレエ教室に少し不安があるという方もいらっしゃると思います。EYS-Kids バレエアカデミーはそんな方のために無料体験レッスンを実施しています。どんな環境なのか、どんな先生や生徒さんがいるのか、しっかりと確認できます。

無料体験レッスンの
お申し込みはこちらから

EYS KIDS

ABOUT EYS-STYLE

楽しく(ENJOY)こどもたち(Kids)がバレエ(Ballet)を続けていける場所(Academy)でありますように、「EYS-Kids Ballet Academy」はこれからも未来に向け進化を続けていきます。

EYSをもっと知る EYS音楽教室
0120-978-900電話受付 9:00〜23:00
無料体験レッスン