【バレリーナに求められる身長とは?】身長制限や小柄のバレリーナにまつわる実態を解説

EYS-KIDS編集部

EYS-KIDS編集部

バレリーナになるには身長が重要なの?

舞台上のバレリーナは、存在感があり、背が高く見えます。コール・ド・バレエと呼ばれる群舞のダンサーを見ても、背丈が揃っていて、目立って身長の低い人は、ほとんど見られません。

バレリーナを目指す人は、バレリーナに身長が重要なのか気になることも多いのではないでしょうか。身長が低いからといって、バレエを諦めてしまうのは残念なことです。

そこで本記事では、バレリーナに求められる身長、小柄でも世界的なバレリーナになった人をご紹介します。加えて、バレリーナになるための、身長よりも努力で伸ばせるものについても解説します。

クラシックバレエには身長制限があることが多い

クラシックバレエには、身長制限が存在します。身長制限がある場合に、身長が規定に満たないと1次選考を通過できません。非常に厳しい現実があります。ここでは、バレエ団のオーディションでバレリーナに求められる身長について、ご紹介します。

バレエ団オーディション

日本の主要バレエ団でのオーディションにも、身長制限が存在します。統一された基準ではなく、バレエ団によって違いがあります。「原則として」「希望」といった、例外も認める可能性が感じられる表記も見られます。

●新国立劇場バレエ団:原則として、女性163cm以上/男性173cm以上

●Kバレエカンパニー:男性170㎝以上/女性160㎝以上希望

●東京バレエ団:女性160cm 以上/男性175cm 以上

●井上バレエ団:女性156cm以上

牧阿佐美バレヱ団スタジオ、谷桃子バレエ団では、特に身長制限が記載されていません。とはいえ、身長制限が定められているバレエ団と同じように、ある程度の身長制限があると認識しておくことが必要でしょう。

演目によるオーディション

演目によるオーディションが公募されることがあります。中でも、コール・ド・バレエ(群舞)は、複数のダンサーによる同一の振付で踊るため、身長制限で身長をそろえています。

また、主役級の場合では、ペアとなるダンサーの身長に合わせて、身長制限をつけて募集されることもあります。ペアの場合、身長差がありすぎると見た目のバランスとともに、踊りにくいということもあるようです。

世界的に活躍する小柄なバレリーナもいる

バレリーナの身長は165cm以上ともいわれる中でも、世界的なバレエ団のプリンシパル(最高位)となった小柄なバレリーナがいます。バレエの技術力と演技力に高い評価を得ている3名のバレリーナをご紹介します。

倉永美沙:156cm

2019年からサンフランシスコ・バレエ団のプリンシパルとして、活動をしています。7歳からバレエを始め、17歳でローザンヌ国際バレエ・コンクールにてプロフェッショナル研修賞を受賞しています。

このコンクールで得たスカラシップ先のサンフランシスコ・バレエ団では、正式契約されることはありませんでしたが、19歳でボストン・バレエ団のオーディションに合格し、プロダンサーとなったのです。2001年モスクワ国際バレエコンクール、2006年ジャクソン国際バレエコンクールで、日本人初の金賞を受賞して話題となりました。

フランチェスカ・ヘイワード:157cm

ケニア出身で、ロイヤルバレエ団のプリンシパルで、2020年に公開された実写映画版『キャッツ』で女優としても活躍しています。3歳の時に祖父からプレゼントされた『くるみ割り人形』を観て、ジュリエットの服毒シーンを迫真の演技で再現し周囲を驚かせたのは有名なエピソードです。

ロイヤル・バレエ団スクールを経て、2010年にロイヤル・バレエ団に入団し、2016年にプリンシパルとなりました。2010年ジェネー国際バレエコンクールで銀メダル・オーディエンスチョイスアワード、2014年最優秀新進アーティスト賞、2016年最優秀女性ダンサーのグリシュコ賞を受賞しています。

ミスティ・コープランド:157cm

アメリカ出身で、2015年に黒人女性として初めて、、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルとなりました。13歳から独学でバレエを始め、偶然通りかかったバレエ 講師によって才能を見出され、奨学金を得てバレエ 学校で学び、夢を実現したのです。

発表された自叙伝は映画化され、プロを目指すダンサーだけでなく、若い世代にも夢と希望を与えています。

バレリーナには身長よりも努力で伸ばせるものがある

小柄なバレリーナが世界的な活躍を遂げているのですから、バレリーナにとっての身長は、バレリーナになる条件の1つであることが分かります。そこで、努力することで伸ばせるものについて、ご紹介します。

ずば抜けたバレエの基礎力

バレエレッスンの内容は、世界中どこで受けても変わりはありません。習い始めてすぐから、基本動作を繰り返して、踊るための体作りをして、筋力と柔軟性を高めていきます。誰が見ても美しいバレリーナは、バレエ の基礎力がずば抜けているのです。

骨盤を立てる、お腹を引っ込める、肩と肩甲骨を下ろす、首を長くする、体の力をコントロールするといった、基礎力を正確に身につけてこそ、技術が磨かれていくのです。プロのバレリーナも毎日のように基礎力を高める努力をしています。

体を最大限に活かした表現力

身長が低いバレリーナの体が大きく見えるのは、頭の先からつま先まで、できるだけ遠くへ、長く引き伸ばされているからです。表現力は、引き伸ばされた指先、腕、背中、首筋の体すべての表情から作り出されます。

バレエ作品と振付を理解し、自分の体を最大限に活かして表現することが重要になります。バレエの動き1つから、体を最大限に活かせるように、今よりもう少し体を引き伸ばすことが表現力を高める1歩になるでしょう。

バレエが好きという気持ち

バレエが上手になりたい、美しく踊りたいと思うのは、どれもバレエが好きという気持ちから生まれるものです。だからこそ、地味ともいえる基本動作の繰り返しも、難しい技を習得することにも頑張れるのでしょう。

バレエが好きという強い気持ちと自分の可能性を信じて、努力を続けてください。つい、忘れがちな気持ちですが、辛い時こそ思い出してほしいものです。

バレエを習うならEYS-Kidsバレエアカデミーがおすすめ

バレエを習わせたい!そんな親御さんに、ぜひおすすめしたいのがEYS-Kidsバレエアカデミーです。

年齢別と経験別に9段階のクラス分けがされていて、お子様一人ひとりにぴったりのレッスンを受けることができます。今なら入会金が50%0FF !

もしもレッスンに満足できなかったら、別の先生に変更してレッスンを無料でやり直すことができます。先生との相性は重要なポイントですね。じっくり選べるのは安心です!

スタジオ変更や振替レッスンがあるから続けやすい

それから、体調不良や急用でレッスンをお休みすることになったら無料で振り替えができます。ご都合に合わせて他のスタジオに変更もできます。

振替のレッスンがあるので、他のおこさんより遅れてしまうのではないかと心配することも月謝を無駄にするようなこともありません。

EYS-Kidsバレエアカデミーは、お子様にとって安全で楽しいことを最優先にしながら、高水準のバレエレッスンを提供いたします。

EYS-Kidsバレエアカデミーでは、無料の体験レッスンを実施しています。ぜひバレエレッスンを体験してみてくださいね。

▼無料体験レッスンの申し込みはこちら

https://eys-kids.com/art-college/ballet/contact/

今なら入会金半額以外にも豪華特典がついてくる!

上記でご説明の特典(入会金半額)だけでなく、月会費500円OFF、そしてなんと、CHACOTTの可愛らしいバレエグッズ一式もプレゼント中です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!(2021年2月現在の情報になります。お申し込み時に特典の有無についてはご確認くださいませ)

最後に

バレリーナには身長制限はあることも多いのですが、小柄なバレリーナが活躍していることも事実です。バレエ団には、身長制限に満たないダンサーも存在するといわれています。

バレリーナにとって身長は、あくまでも条件の1つ。それ以外の基礎力、表現力を伸ばすことは無限の可能性が広がりますから、バレエレッスンや自宅練習をこつこつと積み重ねていきましょう。

メディアTOPに戻る

無料体験レッスン実施中!

初めてのバレエ教室に少し不安があるという方もいらっしゃると思います。EYS-Kids バレエアカデミーはそんな方のために無料体験レッスンを実施しています。どんな環境なのか、どんな先生や生徒さんがいるのか、しっかりと確認できます。

無料体験レッスンの
お申し込みはこちらから

EYS KIDS

ABOUT EYS-STYLE

楽しく(ENJOY)こどもたち(Kids)がバレエ(Ballet)を続けていける場所(Academy)でありますように、「EYS-Kids Ballet Academy」はこれからも未来に向け進化を続けていきます。

EYSをもっと知る EYS音楽教室
0120-978-900電話受付 9:00〜23:00
無料体験レッスン