バレエはいつまで続けたら良いのか?辞める時期の見極め方について解説

EYS-KIDS編集部

EYS-KIDS編集部

バレエはいつまで続けるのが良いのか悩む親御さんへ

バレエを習いはじめの時には、あまり考えることがない辞める時期ですが、いつまで続けるのがベストなのでしょうか。長く続けていれば、トウシューズを履くことになったり、コンクールの出場を考えたりとレベルアップしてくると、他の習い事とのスケジュールの調整や見直しが必要になることもあるでしょう。

一度始めたら、なるべく続けさせたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、辞める時期を逃して、バレエに対して嫌なイメージを抱いて終わらせるのも残念なことです。バレエをいつまで続けるのが良いのか、親にとっても非常に悩ましい問題でもあります。

そこで、バレエはいつまで続けるたら良いのか、その辞める時期の見極め方と判断するポイントについて、解説します。

バレエをいつまで続けるのか見極める時期とは

子どもがバレエを始めたら、できるだけ続けさせたいと思う人も多いのではないでしょうか。だからこそ、いつまで続けたら辞めるのかを決めるのは難しく、悩む人は多いようです。ここでは、バレエをいつまで続けるのか見極める時期にはどのようなものがあるのか、解説していきます。

他にも習い事が増えてこなすのが精一杯

子どもの習い事は、芸術系、運動系、学習系と多様化しています。複数の習い事をしている子どもも少なくはありません。毎日のように習い事があると、子どもの自由な時間が減ってしまい、ストレスになってしまうこともあるかもしれません。親にとっても送迎や付き添いといった負担が大きくなってくるでしょう。

特に発表会の時期には、レッスンの回数が増えたり、自宅練習が重要になります。バレエ以外の習い事が増えて、自宅練習の時間が取れないほど、毎日をこなすのが精一杯になってしまった時は、バレエを続けるのか見極める時期といえます。

バレエ教室の時間帯や曜日が変わり調整が難しい

バレエのレベルが上がってきて、時間帯が遅いクラスに変更したり、週に複数回通うことが必要になったりした時や新年度を迎えて進級・進学した時など、スケジュールの調整が難しくなることがあります。このような条件の変更では、続けること自体が困難になるようです。

親の経済的負担が大きくなり過ぎた

子どものためにと思う親の気持ちは理解できますが、バレエ以外にかかる教育費や将来の学費資金などを考えておかなければいけません。きょうだいがいる場合、それぞれに習い事があれば経済的負担は増していきます。

経済的負担が大きくなり過ぎた時は、家計を見直し、バレエや他の習い事に費やせる金額を考えて、バレエをいつまで続けるのかを見極めることになるでしょう。

バレエ教室の先生が変わった

新年度やレベルアップした時など、クラス替えに伴って、先生が変わることがあります。新しい先生と相性が合わない場合や、先生が変わらなくてもレベルアップしていくうちに教室の方針と家庭の考えに違いが出てくる場合もあるでしょう。

中には、支部から本部へといった別の教室へ行くように促された場合でも、物理的な問題が発生することもあります。このように、先生や教室が変わった時期は、バレエを続けるかどうかの見極めの時期になります。

バレエ教室をいつまで続けるのか子どもの様子から判断するポイント

バレエをいつまで続けるのか見極める時期になった時、子どもの様子をかんさつしましょう。子どもの意思に反して一方的に辞めさせてしまうのは、親子とも辛い経験になります。バレエ教室をいつまで続けるのか、子どもの様子から判断するポイントをご紹介します。

バレエ教室に楽しそうに通っているか

バレエ教室に通う様子が判断のポイントの1つになります。バレエの支度や出かける時に、気が進まない様子がうかがえたり、バレエ教室の話をしたがらないようであれば、辞める方向に考えてもよいかもしれません。

また、たとえ楽しそうに通っていても、バレエそのものではなく、友だちと一緒にいることが楽しいなど、バレエを習う目的と大きく外れている場合も、いつまで続けるのかを判断するポイントになるでしょう。

自宅練習を意欲的に取り組んでいるか

バレエは、レッスン以外に自宅練習が必要です。レッスンの復習ややりきれなかった点を補うように、意欲的に取り組んでいるかを確認しましょう。

バレエシューズやレオタードの管理が雑になっていないかも、合わせて判断しましょう。もともと管理を親がしていた場合を除いて、以前に比べて管理の仕方に変化があれば、判断のポイントになります。

バレエの上達が見られるか

バレエ教室に楽しそうに通って、自宅練習に意欲を持って取り組んでいれば、上達しないはずがありません。しかし、親から見てもステップアップしているように感じられないようであれば、いつまで続けるのかはっきりさせてもよいかもしれません。

バレエをいつまでと限定するよりも大切なこととは

親からすると、バレエの辞める時期だと思えても、子どもが「どうしてもバレエを続けたい」と訴える場合は、一方的に辞めさせるのではなく、子どもの話を聞いてあげましょう。

バレエは、いつまでに技を習得できるというものではありません。体に合った動きや技を習得しながら、体を最大限に活かせるようにして、体のラインや技を磨いていくからです。

バレエをいつまで続けるのか、親が選択の時期に悩んだ時、経済的にも続けられるのであれば、本人の気持ちを尊重してあげてほしいものです。

その上で、小さな目標を作り、クリアしていくために何をするべきなのか考える時間を与えてあげましょう。

バレエを習うならEYS-Kidsバレエアカデミーがおすすめ

バレエを習わせたい!そんな親御さんに、ぜひおすすめしたいのがEYS-Kidsバレエアカデミーです。

年齢別と経験別に9段階のクラス分けがされていて、お子様一人ひとりにぴったりのレッスンを受けることができます。今なら入会金が50%0FF !

もしも、レッスンに満足できなかったら、別の先生に変更して、レッスンを無料でやり直すことができます。先生との相性は重要なポイントです。じっくり選べるのは安心です。

スタジオ変更や振替レッスンがあるから続けやすい

それから、体調不良や急用でレッスンをお休みすることになったら、無料で振り替えができます。ご都合に合わせて、他のスタジオに変更もできます。

振替のレッスンがあるので、他のお子さんより遅れてしまうのではないかと心配することも、月謝を無駄にするようなこともありません。

EYS-Kidsバレエアカデミーは、お子様にとって安全で楽しいことを最優先にしながら、高水準のバレエレッスンを提供いたします。

EYS-Kidsバレエアカデミーでは、無料の体験レッスンを実施しています。ぜひバレエレッスンを体験してみてください。

▼無料体験レッスンの申し込みはこちら

https://eys-kids.com/art-college/ballet/contact/

今なら入会金半額以外にも豪華特典がついてくる!

上記でご説明の特典(入会金半額)だけでなく、月会費500円OFF、そしてなんと、CHACOTTの可愛らしいバレエグッズ一式もプレゼント中です。

ぜひこの機会をお見逃しなく!(2021年2月現在の情報になります。お申し込み時に特典の有無についてはご確認くださいませ)

最後に

バレエを始める前に、バレエをいつまで続けたら良いのか、具体的にどういう条件が揃ったら辞めるのかを決めておくと、親と子ども双方が納得しやすいという効果があります。

もちろん、一度決めた条件は絶対ではなく、流動的に再設定していくことも必要になります。ただし、どの段階でも、子どもの意思を尊重する形で話し合うことが1番大切です。

メディアTOPに戻る

無料体験レッスン実施中!

初めてのバレエ教室に少し不安があるという方もいらっしゃると思います。EYS-Kids バレエアカデミーはそんな方のために無料体験レッスンを実施しています。どんな環境なのか、どんな先生や生徒さんがいるのか、しっかりと確認できます。

無料体験レッスンの
お申し込みはこちらから

EYS KIDS

ABOUT EYS-STYLE

楽しく(ENJOY)こどもたち(Kids)がバレエ(Ballet)を続けていける場所(Academy)でありますように、「EYS-Kids Ballet Academy」はこれからも未来に向け進化を続けていきます。

EYSをもっと知る EYS音楽教室
0120-978-900電話受付 9:00〜23:00
無料体験レッスン