電話番号無料体験レッスン
MENU
MENU

アルトサックス Felicia  A:High Fキー B:Gキー C:トーンホール D:リード E:接合部 F:彫刻

A  High F Key フロントのFキーは指をスライドすることが多いので、演奏しやすいよう傾きを付けています。

B  Side G Key Gキーは指への負担を減らし演奏しやすくするために遊びを調整しています。

C  Tone-hole 丁寧にやすりがけが施されたトーンホール。凸凹があると、タンポがきちんと閉まらなくなり、音が出ないため、やすりがけを施し調整しています。

D  Reed 音の要であるリード。青箱として親しまれている定番、Vandoren Traditional。ビギナーでも音が出しやすい2 1/2が1箱付属しています。

E  Joint ネットと本体の嵌合度も音質に関わる重要なポイント。ゆるくないよう絶妙に調整。

F  Engrave 魅せる演奏も楽しめる、全面に施されたオリジナル彫刻。
前のページへ戻る