電話番号無料体験レッスン
MENU
MENU

アルトサックス Felicia  A:High Fキー B:Gキー C:トーンホール D:マウスピース E:接合部 F:彫刻

A  High F Key フロントのFキーは指をスライドすることが多いので、演奏しやすいよう傾きを付けています。

B  Side G Key Gキーは指への負担を減らし演奏しやすくするために遊びを調整しています。

C  Tone-hole 丁寧にやすりがけが施されたトーンホール。凸凹があると、タンポがきちんと閉まらなくなり、音が出ないため、やすりがけを施し調整しています。

D  Mouth piece 音色を左右するマウスピースは管体と並び重要なパーツ。初めて演奏する方でも音を出しやすいと定評のあるヤマハ4Cを標準装備。

E  Joint ネットと本体の嵌合度も音質に関わる重要なポイント。ゆるくないよう絶妙に調整。

F  Engrave 魅せる演奏も楽しめる、全面に施されたオリジナル彫刻。
前のページへ戻る