大手?個人?子供のピアノ教室の選び方~リアルな声をママにインタビュー~

ピアノ教室 選び方

子供に習わせたいおけいこの筆頭にあがるピアノ。初めての習い事にピアノを選ぶ人も多いでしょう。

ところがピアノ教室はたくさんあり、どうやって選んでいいのか悩むもの。ピアノ教室を大別すると大手ピアノ教室と、個人のピアノ教室の2種類に分かれます。そこで、双方の違いをまとめてみました。

最後に、実際に自分の子供をピアノ教室に通わせているママのインタビューも掲載しているので、ぜひ今後の参考にしてみてください♪

 

 

大手 or 個人、ピアノ教室のメリット・デメリット

大手ピアノ教室

子どものピアノ教室というと、真っ先に思い浮かぶヤマハ音楽教室カワイ音楽教室。全国各地に教室があり、また昔からあるので安心感を抱く人も多いでしょう。 教室によりシステムは変わりますが、個人レッスンは小学生以降で、未就学児はグループレッスンのみの場合が多いようです。すべての教室に当てはまるわけではありませんが、平均的なレッスン費などはこちら。

  • 月謝/6,000円程度
  • レッスン形態/グループ(未就学児)、個人(小学生~)
  • 回数/30分週1回、年間40回
  • 入会金/あり
  • 施設費/あり
  • 教材費/半年ごとに5,000円程度
  • 発表会/大きなホールで開催

メリット

  • 教室が多い
  • インターネットなどで見つけやすい
  • 金額が明瞭
  • 大きな発表会の場がある
  • グレードテストなどを受けることができる


デメリット

  • 個人教室に比べると費用が高め
  • 講師が選べない
  • 振替レッスンがない場合が多い
  • 統一されたレッスンで個人に合わせたレッスンが受けられない

 

個人のピアノ教室

選択肢が多い地域では、個人の教室を選ぶ人も増えているようです。インターネットの検索では見つけにくく口コミなどで探す必要はありますが、子供の個性に合わせた先生にレッスンを受けられるのが魅力です。 決まりきったレッスン内容ではないので、子供の習熟度に合わせて好みの曲・教材選ばせてもらえるところも多いようです。

  • 月謝/5,000円※地域による
  • レッスン形態/個人
  • 回数/30分週1回、年間40回~
  • 入会金/ないところが多い
  • 施設費/なし
  • 教材費/レッスンのペースによる
  • 発表会/地域のホール、講師の自宅等

メリット

  • 要望に応じた曲や教材を選べる
  • 子供の性格に合った先生を選べる
  • レッスン日、時間等の増減の融通がきく
  • 成長に合わせた指導をしてくれる
  • 出張レッスンが可能な場合もあり

デメリット

  • レッスン代がマチマチ
  • HPなどがない場合が多いので探しにくい
  • 講師により教え方が異なる
  • 大きな発表会がない

 

メリット、デメリットを考慮して合う教室を選ぶ

大手の教室も個人教室も、双方に特徴があります。ピアノ教室に通う目的は何なのか、そこに照準を合わせてみましょう。 子どもの反応をみて楽しくレッスンを受けることを重視したいのか、はたまた技術を身につけ将来的に音楽系の道に進んでほしい等、目的を定めると選びやすくなるかもしれません。   さて、実際に子どもにピアノを習わせている方の声も聞いてみましょう。事前に重視したこと、実際に通ってみた感想はどうでしょうか?「ピアノ」を習わせてみた感想も併せて聞いてみました!  

 

子どものピアノ教室、どう選んだ?実体験をインタビュー

 

子ども6歳・女の子/個人教室

ピアノ教室の選びかたレッスンを始めた年齢:5歳

重要視ポイント:
・土日にレッスンが可能(両親がフルタイム勤務の為)
・先生の年齢は若めでかわいらしく、やさしく教えてくれる
・月謝が5~6千円程度

子どもは見た目で人を好きになる傾向にあるので、「若くてかわいい」は外せないポイントでした。まずは楽しくレッスンに通ってほしかったので。経歴は参考程度にしか見ていません。レッスンを始めた当初は練習時間の捻出に苦労しました。平日は帰宅が18時半を過ぎるので、練習時間を確保することが一番大変でした。

通ってみた感想:幼児はひとりで練習できず、付き添い練習が必須。親の負担が大きかったです。このことから、たびたび親子げんかに発展…。でも、レッスンを受けるときの礼儀などが身に付き、ピアノの技術など音楽の学び以外にも収穫があったことが大きいです。先生との出会いで、彼女の世界が広がった感じがします。  

 

子ども6歳、女の子/個人教室

ピアノ教室の選びかたレッスンを始めた年齢:4歳

最重要ポイント:先生との相性 芸事を始めるのは物心がつく前の方がよいと思っていたので、4歳になったぐらいから始めました。好き嫌いがはっきりしている子なので、相性の良さは大切だと思っていたので3か所体験レッスンに行きました。自分自身もピアノを習っていたことがあり、先生の鍵盤のタッチが独特で、その癖が私も抜けなかったので、娘には正確なタッチというかやわらかいタッチで弾く先生がいいというのもこだわりのポイントでした。

通ってみた感想:最初の一年は、親子共にきつかったです。子供は自発的に練習しないし、練習しても上手にならない。子供に自信を投影してしまうこともあってか、発表会で失敗したらと思うと親のプレッシャーも大きかったです。 でも、レッスンを始めて約3年が経ち、毎日帰ったらピアノの練習するという習慣づけができました。視覚的認識能力が上がったようにも感じます。元々左利きだったのですが、ピアノを始めたせいなのか両利きになりました。また、「なるべくレッスンを休まない」よう、本人が頑張りました。ここからはまだ未知数ですが、本人は楽しくレッスンに通っているようなので、よかったかなと思っています。  

 

子ども5歳、女の子/大手教室

ピアノ教室の選びかたレッスンを始めた年齢:4歳

最重要ポイント:引っ越しても続けられるかどうか 耳の機能が完成する前にレッスンを始めさせたかったので、親の希望としてはもう少し早く3歳から習わせたかったのですが、本人の意思が定まった4歳から始めました。夫が転勤の多い職種なので、全国規模で教室がある大手の教室を選びました。レッスン内容が決まっているので、この先引っ越しても先生は変わりますが、同じレッスンを受けられる安堵感があります。

通ってみた感想:レッスンに通って約1年。やっと弾くことが楽しくなってきたようです。まだまだ毎日の練習を自発的にさせることは難しいですが、きれいなドレスを着て大きなホールでピアノを弾くこと(発表会)を目標に頑張っています。物怖じもせず、またほかの子と一緒にレッスンを受けることも楽しいようで、うちの子供の場合はグループレッスンは合っているようです。  

 

希望者にはピアノをプレゼント!
その子に合った先生を選んでレッスン♪
子ども・小学生のためのEYS子ども音楽教室

子どもの音楽レッスン ママのお悩み相談~毎日練習させるコツが知りたい~

こども ピアノ 悩み

お子さんにピアノなど楽器を習わせているママのお悩みに答えていく不定期連載です。第一回は、多くのママが悩んでいる「毎日練習をさせるにはどうしたらいいの!?」です。

 

ピアノ講師であり、3人の男の子を持つママでもある溝井花代子先生に、話をお聞きしました。まずは先生のプロフィールをご紹介。

 

  溝井 花代子(みぞい かよこ)さん

  

 幼少期より、個人の教室にてピアノを習い始める。茨城県立水戸第三高等学校の音楽科を卒業後、東京音楽大学音楽科音楽教育専攻を卒業。大学在学中より個人でピアノの講師として活動を始め、その傍らでバーやレストランで演奏も行う。結婚後は夫の転勤に伴い、各地でピアノを教えている。3人の男の子のママでもある。       

 

 

 

 

ライター・Natsu:花代子先生、今日はよろしくお願いします!

 

 花代子先生:何でも聞いてくださいね~。

 

子どもはきちんとできなくて当たり前!?

 

ライター・Natsu:では早速。子どもを毎日、かつ自発的に楽器の練習をするようにさせるには、どうしたらいいか教えてください。今回は、子どもの定義を幼児にしてお話しください!

 花代子先生:えーと。ちゃんとやらなくていいんじゃない?

 

ライター・Natsu:えっ。まさかの!?

 

花代子先生:(笑)。毎日練習するべきなのは確かです。私はピアノが専門なのでピアノのことでお話しますが、確かに毎日練習しないと腕が落ちます。発展途上の場合は、なかなか上達しません。でも音楽に関わらず、子どもは基本的に「ちゃんとできない」のが当たり前だと思うんです。成長途中で、色々なことをきちんとできるように習得している段階ですよね。

 

こども ピアノ教室 東京

 

 

ライター・Natsu:確かに。

 

花代子先生:大人は、つい相手に自分と同レベルのことを求めがちだけど、それって無理でしょう?だから、子どもがちゃんとできるようになるまで、大人もちゃんとしなくていいと思う(キッパリ)。

 

ライター・Natsu:というと、つまり…?
 
花代子先生: 特にピアノのレッスンに通いはじめた子に対しては、完璧を求めたらだめですよ。ただし、導入期というのはとっても大切だから、楽しく弾けるような働きかけはしないといけませんよ。でも、繰り返しになるけれど、大人が考える「完璧さ」は求めないこと。

  

ライター・Natsu:心が痛いです、無意識のうちに完璧を求めてしまっているかもしれません。。。
 
花代子先生: しかも子どもは、その日のテンション、コンディションによって、練習に対する姿勢がガラリと変わります。毎日同じに「合わせる」ことは、すごく難しい。だから保護者の方は、その子なりのスイッチを見つけて押してあげるだけにしてください。

 

ライター・Natsu:やる気スイッチってやつですね。
 
花代子先生: そうです。そして保護者の方は、ホメ専で! 褒めるだけでいいです、指導するのは講師の役割なので、家での練習は楽しく続けることだけを考えてください。繰り返しますよ、親は先生じゃないですからね。
 
 

ライター・Natsu:本当ですね。

花代子先生:毎日練習するのが難しい子でも、とにかく「毎日ピアノを開いてね」それだけは言っています。年齢にもよりますが、練習で褒めるところが見つからなければ、「毎日椅子に座れたね!」とか「ピアノにちゃんと手がおけたね!」とかでもいいんです。以前、生徒さんで「すぐ速いスピードで弾いてしまう子」がいて、その子のお母さんが悩んでいたんですね。そんな子は「速弾きのプロじゃない!」って言ってあげてくださいって言いましたよ()

ライター・Natsu:確かに子どもって、親から褒められるとうれしいですもんね。

 

練習時間の提案は具体的に、そして長くない時間で

 

ピアノ 練習方法 こども
 
ライター・Natsu:ちなみに、どうやって練習をつけたらよいでしょうか?
 
花代子先生:そこは習慣づけするといいですね。子どもも身体で覚えますから。例えば幼稚園から帰ってきたらすぐ、おやつを食べる前とか決めるとよいと思います。すべての物事にも通じますが、ルールを守る習慣はつけましょう。

 

ライター・Natsu:理想ですよね。でも、それでも練習しない場合は、どうしたらよいでしょうか?

 

花代子先生: 具体的で分かりやすい練習時間を、かつ、無理のない設定をして提案してみてください。

 

ライター・Natsu:例えば?
 
花代子先生:「ママは洗濯物たたむから、その間にピアノ弾いていてくれる?」とか、もしお風呂にお湯をはるスイッチを入れたタイミングで「お風呂に入るまでだけ練習してみようか?」とかですね。「ママが〇〇している間」という提案は効果的ですよ。親がそばにずっといるプレッシャーはないけれど、放っておいているわけではない=あなたを気にしているよ、というサインにもなり子どもも安心しますから。

 

ライター・Natsu:子どもは、やっぱりママからの承認欲求がある、と。

 

花代子先生: 放任しているようで、そうではないことがポイントです。

 

ライター・Natsu:でも、ピアノを弾く音が聞こえてきて「あーそうじゃないっ!」とかイラついてしまうんですよね。。。

 

花代子先生: みんなそうです(笑)。だからね、そういう 場合は見ない方がいい!聞かない方がいい!

 

ピアノ 練習 自発的

 

ライター・Natsu:(笑)

 

花代子先生: 練習したという事実には変わりないから、それで十分です。その結果、次のレッスンで上手にできるかどうかは、自分が分かるわけです。もっと上手になりたいと思うようになれば、後は子どもが自分で練習するようになりますから。だから、その習慣づけのお手伝いをしてあげるんです。もちろん、練習を始めたばかりの幼児の場合は、放任ではなくつきっきりでピアノのふたを開ける、イスに座る、鍵盤に手を置いてみる、その動作を一緒にすることは必要ですけどね。

 

 

 なるほど、ありがとうございました! 世の中のお母さん方、やはり「見守る」がキーワードのようです。最初の習い事がピアノという子も多く、毎日練習するということに慣れていなくて当たり前。保護者も辛抱強く待つ、付き合うことが必要のようですね。あとはピアノが楽しくなり、自発的に練習することを期待しましょう!

 

まとめ

  • 親は先生じゃない。家ではホメ専に徹するべし
  • 練習のルール作りだけはしっかりと
  • 練習しない場合は、具体的な練習時間を提示すべし

 

※本記事はMusic lesson Labの記事を転載したものですhttp://www.eys-musicschool.com/media/

 

取材・文/Natsu