子どもの頃からバイオリンを習う意味はあるか?バイオリンが子どもに与える効果とは

【不安もある】子どもの頃からバイオリンをする意味ってある?

子どもにバイオリンを習わせようと思っている方や、子どもがバイオリンに興味を持ったという方の中には、子どもの頃からバイオリンを習う意味ってあるの?と疑問に思っている方もいるかもしれません。

バイオリンを演奏するのは難しそう、子どもにもできるものなの?といった不安も出てくるかもしれません。

しかし、子どもの時にバイオリンを始めることで得られることもたくさんあります。さらに、バイオリンは習得するのが難しい楽器のため、早くから始めるのはいいことなのです。

子どもがバイオリンを習いたいと言った場合や、バイオリンに興味を持った場合は、ためらわずに始めてみるのがおすすめです。

バイオリンが子どもに与える影響は?

子どもがバイオリンを練習することで、どのような影響があるのかご紹介していきます。バイオリンを始めることで、子どもはより成長していくことでしょう。

そして、その成長に気付けたとき、子どもはより意欲的になることが期待できます。そんな姿を見られるとなると、パパやママは嬉しいはずです。

ぜひ、バイオリンが子どもに与える影響を確認しておいてくださいね。

①集中力が身につく

バイオリンは片手で弦を押さえ、片手で弓を動かし演奏します。様々なことを気にし、そして集中しなければバイオリンの演奏はできません。バイオリンは簡単い弾くことができない楽器なのです。

しかし、それだけ様々な要素に集中することは、子どもの集中力を養うにもってこいの楽器ということでもあります。

バイオリンを通して、集中力を養ってみるのもいいかもしれませんね。

②音感が身につく

バイオリンは、ピアノのように決まった鍵盤を弾けば音がでる楽器ではありません。弦を押さえる位置、弦の張り、弓のこすり具合によって、音は変わります。

つまり、決まった場所を触るだけで合っている音がでるわけではないため、自分で合っている音を探し弾く必要があるのです。

なんとなくこの辺りを押さえればこの音が出るという感覚は覚えられるかもしれませんが、その音が必ずしも合っている音とは限りません。

自分で音を作る必要があるバイオリンを子どものうちから始めることで、他の楽器よりも音楽が身につく可能性が高いです。

絶対音感を身につけてもらいたいと考えているパパやママは、子どもにバイオリンを習わせるのがおすすめですよ。

③繋がりができる

バイオリンを習うことで、他では出会えない人たちと繋がりができる可能性があります。例えば、音楽教室でバイオリンを習う場合、大人との付き合いを学ぶこともできますよね。

また、バイオリンを通じての友人ができたり、コンサートなどに足を運ぶことで出会える繋がりもあるでしょう。

バイオリンを習うからこそ繋がりができる人がたくさんいるはず。そこから学べることもたくさんあるので、バイオリンを通して出会った人たちを大切にしながら、バイオリンを続けていけるといいですね。

子どもの頃からバイオリンを始めるメリットはたくさん!

バイオリンを子どもの頃から習うことで、得られるメリットをご紹介していきます。もちろん大人になってからでも習える楽器ではありますが、子どもだからこそ得られるメリットがたくさんあります。

その中から3つのメリットに注目してご紹介していきますので、確認してください。

①音楽的感覚を身につけられる

「ダルクローズ・システムによるリトミック指導1」という著書では、

音楽的感覚陶冶の時期は早期であることが望ましい

と記してあります。さらに、

音楽的教育を行なう適齢期は幼少の時期が望ましいということを強調する

とも書かれています。

つまり、音楽的感覚を身につけるには、早い時期から始めるのが望ましいということです。

先にも紹介しましたが、バイオリンは他の楽器よりも音感が身につく楽器といわれています。音感が身につく楽器のバイオリンを早期に始めることで、より音楽的な感覚を身につけることが可能となるのです。

せっかく興味を抱いているのであれば、バイオリンは子どもの頃から学んだ方がメリットを得られるでしょう。

②音楽的な知識を得ることができる

音楽的な感覚とは別に、音楽をするうえで必要な知識も子どもの頃から得ることができるでしょう。楽譜に記されている音を理解すると共に、リズムや楽譜の読み方など、今後必要となってくる音楽的知識をバイオリンを通して身につけることができます。

子どものうちから「ドレミファソラシド」を理解し、リズムを学び、さらに楽譜が読めるようになれば、今後バイオリン以外の楽器に興味を持った際にもスムーズに始めることができますよ。

③バイオリンの習得は難しい

バイオリンは、片手で弦を押さえ、片手で弓を動かします。様々なことを気にしながら集中して演奏しなければならない楽器のため、習得するのが難しい楽器としても知られています。

子どもにとってバイオリンは難しく感じるかもしれませんが、それは大人も同じです。習得が難しい楽器だからこそ、子どものうちから始めた方が早く習得することに繋がります。

バイオリンのプロ奏者は、ほとんど3歳から5歳のうちにバイオリンを始めているとも言われています。その期間を過ぎてしまうと、なかなか習得するのが大変になるようなので、興味を持ったのであれば早い時期から始めた方がいいでしょう。

バイオリンを習いたいなら3歳~がおすすめ!

バイオリンは習得するのが難しい楽器のため、早い時期から始めた方がいいとお伝えしましたが、バイオリンを習うのなら3歳からがおすすめです。

もちろん2歳からバイオリンを始めることはできますが、まだ集中力がありません。さらに、バイオリンは肩と顎で支える楽器ですが、2歳ではこの行為が難しいです。

そのため、3歳頃から始めるのが適していると言われているのです。

また、バイオリンは子ども用のものが販売されています。通常のバイオリンとサイズが違うため、まずは子どもサイズのものを購入しましょう。

バイオリンは安い楽器ではありませんが、紹介してきたようにたくさんの影響とメリットを受けられる楽器でもあります。子どもが興味を持ったのにスルーしてしまうのは、もったいないです。

バイオリンを始める環境を整えてあげて、ぜひ始めてみてくださいね。

バイオリンを習うならEYS音楽教室へ

いざ、バイオリンを習おうと思っても、どの音楽教室に通えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、紹介したいのがEYS音楽教室です。様々なメリットが得られる音楽教室なので、ひとつずつチェックしてみてください。

そして、EYS音楽教室が気になったら、ぜひ体験レッスンを受講してみてくださいね。

①幼児向けカリキュラムがある

EYS音楽教室のバイオリンコースには、幼児向けのカリキュラムがあります。つまり、小学校に入学する前に子どもでも通うことができるのです。

音楽に慣れること、音楽を楽しむことを大切にしながら、バイオリンの練習を進めていきます。

幼児向けのカリキュラムがある点は、パパやママも安心して通わせられる要素になるのではないでしょうか。

また、幼児からバイオリンが習える教室も少ないため、EYS音楽教室は見逃せませんよ!

②楽器のプレゼントがある

バイオリンを始めるとなると、まずは楽器を購入する必要がありますよね。バイオリンは安い楽器ではないため、どうしても初期費用がかかってしまいます。

しかしEYS音楽教室に通えば、楽器をプレゼントしてもらえます。もちろん条件をクリアする必要がありますが、初期費用を抑えられるのは嬉しいですよね。

さらに、子どもが成長していくにつれ、バイオリンもサイズアップしていかなければいけないのですが、EYS音楽教室なら無料でサイズアップをしてもらうことも可能です。

いちいち買い替える必要がないんですよ。

③子どもに合った講師が見つかる

EYS音楽教室は、レッスンのやり直しが可能です。レッスン内容に不満があった場合や、講師と子どもとの相性が悪いと判断した場合、他の講師のレッスンを無料で受けることができるのです。

これなら、子どもと相性がいい講師を見つけることができますよね。

④イベントが豊富

レッスンに通う以外にも音楽教室に楽しみを見つけられたら、子どもはより楽しくバイオリンを習ってくれると思いませんか?

EYS音楽教室は、ハロウィンやクリスマスなど、季節のイベントを数多く開催しています。新しい友達ができるかもしれませんし、もっと音楽に意欲的になるきっかけになるかもしれません。

子どもがもっと楽しく音楽を続けていける工夫がされている音楽教室なんですよ。

⑤体験レッスンが無料!

EYS音楽教室の魅力をご紹介してきましたが、実はまだまだあります。例えば、レッスンを休んだ際の補講が無料で受けられることや、関東に22ものスタジオがあるため通いやすい教室を選ぶことができることがあげられます。

これだけの魅力がある音楽教室のバイオリンコースは、無料で体験レッスンを受けることが可能です。

実際にスタジオに行き、講師と対面しなければわからないこともあるでしょう。費用をかけずに体験レッスンを受講することができるので、ぜひ一度予約をし、足を運んでみてくださいね。

http://eys-kids.com/

最後に

バイオリンを子どものうちから始めることに意味があるのか不安に思っている方に、たくさんの影響とメリットがあることをお伝えしたく、バイオリンに関することをご紹介してきました。

バイオリンは取得が難しい楽器のため、早い時期から始めた方がいい楽器のひとつです。せっかく子どもが興味を持ったのにスルーしてしまうと、とってももったいないのです。いざ、年齢を重ねてから始めようと思っても、なかなか習得できずに苦労するはず。

ぜひ、子どものうちからバイオリンに触れさせ、様々な影響やメリットを得てください。子どもの成長をより感じられるはずですよ。

その他 // 音楽なぜなに」の最新記事

カテゴリから記事を読む