【幼児・子どもの練習用ピアノ購入ガイド】おすすめのセット・商品から選び方まで徹底解説!

子どもの練習用ピアノ探し、意外と悩みがちですよね

お子さんにピアノ購入を検討するとき、何を買えばいいの?ピアノ買っても続くかどうかわからない、ピアノはさまざまな価格や特徴別のタイプが販売されていて、何を基準に選べばいいのか、いろいろな悩みや疑問をお持ちの方へ、選び方やQ&A、お勧めの楽器をご紹介します。
決して安い買い物ではないので、じっくり考えてみてください。

子どもの練習用ピアノ選びはどうすればいい?5つの注意点

①購入の目的を考えましょう

アコースティックピアノは、グランドピアノとアップライトピアノに分けられます。

将来、音大を目指したい、本格的に習いたいということであれば、幅広く表現するためにアコースティックピアノがお勧めです。

趣味で楽しみたい、楽しみのきっかけ作りをしたいのであれば、電子ピアノや卓上キーボードがお勧めです。購入の目的を考えると予算が立てやすくなります。

②卓上キーボードは鍵盤をチェック

手軽に便利に楽しめます。軽量でコンパクトなので持ち運べて弾くことができます。使用する以外は収納することができます。鍵盤に触っただけで音が出ますから、年少で力が弱いお子さんに向いているともいえます。さまざまな機能がついていて楽しむことができます。

・鍵盤数-ピアノは88鍵ですから、卓上キーボードは、なるべく61鍵のものを選びましょう。両手で弾くようになると曲によっては、鍵盤が足りなくなってしまいます。
・鍵盤のサイズ-標準サイズとミニサイズがあります。年少のお子さんにはミニサイズは弾きやすいですが、ピアノを習うのであれば標準サイズが適切です。
・タッチや表現力を求めるのは厳しいです。
・イスやスタンドは別売りになっていることが多いです。

③電子ピアノは機能をチェック

音量を調節して練習することができ、ヘッドフォンを使用すれば、時間を気にせずに練習ができます。 重量が軽いので機種によっては移動が自力でできます。
定期的な調律が必要ありません。
多彩な機能が付いています(録音再生、音色選択、メトロノーム機能、内蔵曲搭載)。機能によって、USBメモリーを挿して演奏を録音、Bluetooth機能を備えてスマホやタブレットのアプリと連携できるものもあります。
機種によって鍵盤が木製になっており、アコースティックピアノに近い弾き心地があります。

・ピアノレッスンを目的として購入される場合は、高度な機能が必要でない場合があります。
・電源がないと使えません。
・音色やペダルの使用の繊細さはアコースティックピアノよりは劣ります。
・生産終了後、メーカーが電子部品を供給できなくなると修理ができなく可能性があります。

④アコースティックピアノは置き場所をチェック

国内メーカーで新品でも原産地(インドネシア産)によって安価に購入できるものがあります。

手指のコントロール、手首や腕の使い方、フットペダル(3本)使用など、さまざまな音楽表現を身につけることができます。レッスンはアコースティックピアノが使われるので、ご家庭での練習との違和感がありません。

一度購入すれば永く使えます。
質の良い中古品は新品よりも音質に優れていることがあります。

・ある程度のスペースが必要です。アップライトピアノは1畳以上、グランドピアノは2~3畳程度が必要になります。アップライトピアノは、音は後ろ側に大きく出るため、壁から離して設置しましょう。
・室温や湿度、極端な乾燥に注意が必要なので、水回りの近くを避け、直射日光やエアコンの風が当たらないようにしましょう。環境によって加湿器、除湿器があると良いと思います。
・設置すると、自力での移動が難しいです。移動すると調律が必要になります 。
・マンションなどの集合住宅では、楽器使用に関して、お手元の管理規約または管理会社で確認してください。

⑤レンタルも検討する

購入のコストを控えてアコースティックピアノを使用したい場合はレンタルを検討されてはいかがでしょうか。アップライトピアノのレンタル料金は月額数千円程度からあります。


レンタル期間は1年が基本になることが多いようです。レンタルしていたピアノを購入したい場合、支払ったレンタル料と本体価格の差額を支払うことになります。レンタル期間終了後に購入しないで、レンタルによるグレードアップが容易です。

・必ずしも希望の機種があるとは限りません。 
・配送代、調律代は別途かかります。レンタル会社によって料金が違いますので確認してください。

子どもの練習用ピアノ選びに関するよくあるお悩みQ&A

①ピアノの音量が心配…

他の部屋やご近所への配慮から音量は気になるものです。お部屋の大きさに合った防音室を設置することができますが、費用の面で高額のため負担が大きくなってしまいます。

そこで、防音対策品をご紹介します。
外への音漏れには窓の対策をしましょう。二重サッシや窓用ワンタッチ防音ボード、防音カーテンがあります。
直接フローリングに設置するよりもカーペットを敷くと打鍵音やペダルを踏む音が軽減されます。防音カーペット、足音マット、防振マットがあります。
壁の対策は、吸音・遮音ボードがあります。

②鍵盤は重いほうがいい?

重い鍵盤は、慣れるまで時間がかかるかもしれません。アコースティックピアノに近い弾き心地になるため、レッスンとご家庭のピアノとの違和感が小さくなると考えられます。  

試奏する際に、5本の指を動かして重さを確認してみてください。小さなお子さんで手軽に楽しみたいということであれば、木製よりプラスティック製の軽めのものが指を動かしやすく疲れにくいと思います。

③調律は必要?

卓上キーボードや電子ピアノには調律の必要はありません。アコースティックピアノは調律が必要になります。
調律とは、弦を調整する「調律」、鍵盤やペダルの動きを調整する「整調」、音色や音質を整える「整音」、ピアノの清掃や修理などを含めた作業のことです。ピアノの変化を正しく整えるために、定期的な調律が必要になります。頻度は年1回をお勧めします。 

子どもにおすすめピアノ5選をご紹介

①ONETONE 電子キーボード 61鍵盤 

¥12,812



https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E8%AA%BF%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%92-YAMAHA-YDP-143R/dp/B01EKZKPPU/ref=pd_sbs_267_10?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B01EKZKPPU&pd_rd_r=1bca736b-4206-4abd-bb5d-513d2947ffe1&pd_rd_w=Cf5fp&pd_rd_wg=fZJPI&pf_rd_p=1585d594-d9d0-474b-8a4e-69eca1566911&pf_rd_r=6FZGV5H4M49WE9TKSA8P&psc=1&refRID=6FZGV5H4M49WE9TKSA8P

電子ピアノ本体のほかに、イス、ヘッドフォンが付いています。
お子さんが初めてピアノを習う親御さんへお勧めです。

③YAMAHA b113 新品

¥440,000


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F-Yamaha-b113-YAMAHA%EF%BC%88%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F%EF%BC%89b113-%E6%96%B0%E5%93%81%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E/dp/B07DTGCDDR/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F+%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E&qid=1574563502&s=musical-instruments&sr=1-4

アップライト新品としては、お手頃な価格です。

④YAMAHA ハイブリッドピアノ NU1X

¥415,000


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E-NU1X/dp/B078GJ5Q16/ref=pd_sbs_267_5/357-5016592-6000538?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B078GJ5Q16&pd_rd_r=c4cc7599-ac0b-48e8-b934-876b41b146f8&pd_rd_w=0wXrn&pd_rd_wg=bgaQA&pf_rd_p=1585d594-d9d0-474b-8a4e-69eca1566911&pf_rd_r=TPXT02Q83885XT124AAM&psc=1&refRID=TPXT02Q83885XT124AAM

ハイブリッドピアノは、アコースティックピアノと電子ピアノを組み合わせた楽器です。KAWAI、CASIOにもあります。ヘッドフォンを使用して演奏することができます。

⑤ローランド電子グランドピアノ 

¥594,000


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%EF%BC%88%E9%BB%92%E5%A1%97%E9%8F%A1%E9%9D%A2%E5%A1%97%E8%A3%85%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%92%EF%BC%89%E3%80%90%E9%AB%98%E4%BD%8E%E8%87%AA%E5%9C%A8%E6%A4%85%E5%AD%90%EF%BC%86%E6%A5%BD%E8%AD%9C%E9%9B%86%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%80%91Roland-Digital-Grand-GP607-PES/dp/B01MRFH2AE/ref=sxbs_sxwds-stvp?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E+%E6%96%B0%E5%93%81&pd_rd_i=B01MRFH2AE&pd_rd_r=0fbf7129-8227-4ef1-a711-d0a30c87a577&pd_rd_w=0snPa&pd_rd_wg=73WXK&pf_rd_p=e29507e3-7937-4495-82f4-55b5d5ca8047&pf_rd_r=KEQJ35EWPWB5CVF2KF3C&qid=1574565726

デジタル・グランドピアノです。本格的な音質とタッチです。

子どもにピアノを習わせるならEYS音楽教室へ

ご紹介するEYS音楽教室には、一人ひとりと向き合う音楽教育を提供するため、0歳から始められるリトミックコース、全47種類の楽器コース、ボーカルコースがあります。
ご入会の方には、アップライトピアノ無料プレゼントの特典があります!
もう、楽器選びに迷うことがなくなります。

ピアノ教室を選ぶ際のポイントはどのようなことでしょうか。料金、先生との相性、立地の3点について考えてみます。
・料金 入会金、月謝、教材費、その他の料金を確認しましょう。入会時に必要な総額と明細、月謝総額と明細、月謝はレベルが上がるにつれて高くなっていくか、発表会参加費などについて確認する必要があります。
料金の総額だけでなく、体験レッスンを通して月謝とレッスン内容が合っているかを判断することをお勧めします。

・先生との相性 ピアノや音楽が楽しいと思えることと、演奏技術の向上に最も重要なポイントになるのは先生との相性です。
・立地 自宅から教室までの道のりを確認しましょう。アクセスがしにくい、自宅から遠く時間がかかるなど、時間と体力に無理のない教室を探しましょう。

ここで、ご紹介するEYS音楽教室には、一人ひとりと向き合う音楽教育を提供するため、0歳から始められるリトミックコース、全47種類の楽器コース、ボーカルコースがあります。

前述したピアノ教室を選ぶ際のポイントに照らし合わせて簡単にご紹介いたします。詳しくはお問い合わせください。

・料金 通常プランと時間帯を限定した平日の夕方までの割引プランがあります。 平日に利用したいと思う方にとっては、大変お得なプランになっています。

・先生との相性 EYS音楽教室には「Enjoy保証」があります。先生の変更は「Enjoy保証」専用サイトを経由して行うことができます。楽器演奏を楽しんで長く続けるためには相性の良い講師であることが大切という考えから独自の取り組みを行っています。相性の良い先生とのマンツーマンレッスンで、お子様に合ったテキスト、練習方法を用いたレッスンで上達に導きます。

・立地 HPにて教室の基本情報が記載されています。無料体験申し込みフォーマットに、現在位置から最寄りの教室を検索することができます。

<EYS音楽教室には他ではみられない独自のサービスがあります>
・レッスンにオールフリー制度 「日程を選んで」「好きなスタジオ」「好きな講師」「楽器のチェンジ」を自由に選ぶことができます。ご自分のライフスタイルに合わせてレッスンが受けられるサービスです。

・従来型の発表会に加えて、さまざまなイベントなど世界中の人と演奏を通じて交流できる場を提供しています。

まずは気軽に無料体験レッスンからはじめてみませんか?
https://eys-kids.com/

最後に

楽器選びは案外難しいものです。ピアノは価格が上がるにつれて品質が良くなります。
それでも、予算の中でいくつかのピアノを弾き比べると、弾き心地や音の響きの違いが何となく感じられます。これは、ピアノの演奏を楽しむためにも大切なポイントになります。 

レッスンを続けていると、より高い音楽表現が必要になって、買い替えの時期がくることがあります。初めてのピアノ選びを一つの経験として活かせるのではないかと思います。ご家族で楽器選びを楽しんでください。卓上キーボード、電子ピアノ、アコースティックピアノの特徴を理解して、ご家庭のライフスタイルに合ったピアノに巡り合えますように願っています。

ピアノ // 音楽なぜなに」の最新記事

カテゴリから記事を読む