リトミックとバレエのどちらを習おうか迷っている方必見!得られる効果をチェックしよう

リトミックとバレエどちらを習おうか迷っている……

子どもに何か習い事をしてもらいたいと思っているパパママは多いはずです。とはいえ、子ども向けの習い事はたくさんあって、何を習わせたらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は「リトミック」と「バレエ」のどちらを習わせたらいいのか迷っている方向けに、それぞれの習い事で得られるメリットをご紹介していきます。

リトミックとは

スイスの作曲家であり音楽教育家であったエミール・ジャック=ダルクローズが、音楽を身体の動きで創造、表現する教育法を考え出したのが、リトミックの始まり。

そして、リトミックは「リズム」「ソルフェージュ」「即興」を大切にし教育です。

音楽に合わせて身体を動かし表現することを目的とする「リズム」は、音楽のスピードや高低差などの音楽的な要素を身体や空間を使って表現します。

例えば、高い音から低い音へと移動していく音楽が流れたとしましょう。その場合、頭の上にあげた手を床まで落とすことで表現することができます。もちろん表現方法はこれだけではありませんが、この表現をすることで音の高低差を学ぶことへと繋がっていきます。

「ソルフェージュ」は、音楽的な耳を養っていくために大切な体験です。音を聞き分けることも大切ですが、楽譜に書かれていない音楽的な表現、フレーズを感じるようになることが期待できます。

そして、音楽をより理解していくために「即興」で表現することも体験していきます。子どもでもできること、さらには子どもならではの表現方法をたくさん発見できるのがリトミックの楽しいところでもありますよ。

バレエとは

西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊・ダンスがバレエです。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台です。

物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多いのが特徴でもあります。

軽やかで優雅に踊るイメージが強いバレエではありますが、筋力も体力も必要。独特な体の使い方をするため、子どものうちから練習を積み重ね、長時間かけてバレエに必要な筋力を育てていく必要があります。

身体的なメリットのほかに、精神的なメリットも養う習い事のひとつです。

リトミックで得られる効果

それぞれで得られるメリットもご紹介していきます。まずはリトミックです。リトミックを子どもの頃から習うことで、どのようなメリットが得られるのか、確認していきましょう。

①リズム感が身につく

リトミックは音楽的要素を身につける習い事です。音楽に合わせて体を動かしたり、音楽に集中したりするため、リトミックを経験していると自然とリズム感が身につきます。

リズム感は運動するためにも必要なこと。例えばスキップにもリズム感が必要ですよね。

子どものうちから必要なリズム感が身につくのは、リトミックのメリットと言えるでしょう。

②音感が養われる

リトミックでは、たくさんの音楽に触れます。音階も学ぶため、音感を養う効果も期待できるでしょう。

③集中力が養われる

リトミックの基本でもある即時反応。音楽を聞いて即座に反応することを指します。音楽に集中しなければできないことなので、リトミックの即時反応を体験することで、集中力を養うことも期待できますよ。

④協調性・コミュニケーション能力が養われる

リトミックは年齢が近い子ども同士で行なわれることがほとんどです。リトミックを通して、コミュニケーション能力を養うこともできるでしょう。

また、リトミックは表現することを大切にした教育でもあります。自分とは違う表現をした他人を受け入れることも学んでいけるのです。

⑤表現力が養われる

先にも紹介しましたが、リトミックでは表現することも大切にしています。音楽を聞いてどのように表現をするのか、子どもは考えます。

音楽的感覚を身につけることがリトミックと思われがちですが、実は表現力も養われていくのです。

もちろん紹介してきたこと以外にも、リトミックで得られる効果はたくさんありますよ。

バレエで得られる効果

続いて、バレエで得られる効果も確認しておきましょう。

①リズム感が身につく

バレエも音楽に合わせて踊ることから、リズム感が養われるでしょう。さまざまな動きをこなすバレエは、リズム感が必要です。だからこそ、バレエは子どもの頃から習い、リズム感を身につけていくことも大切です。

②芸術的な感性が身につく

優雅な曲に合わせながら踊るバレエ。リトミックと同じく、表現することを大切にしています。どう表現すれば伝わるのか、想像し考える力も必要です。

これらを子どもの頃から行なうことで、芸術的な感性を身につけることができるでしょう。

③立ち振る舞いなどしぐさが美しくなる

バレエでは、正しい姿勢や手足の動きなど細かいところまで丁寧に指導を受けるでしょう。この経験を積むことで、立ち振る舞いや身のこなしが美しくなっていくことも期待できますよ。

④スタイルがよくなる

正しい姿勢でいることが必要なバレエ。そのため、姿勢が良くなり、スタイルもよくなっていくことが期待できます。

さらに、バレエを続けることで身体が柔らかくなるため、大人になってもスタイルの良さをキープしなすくなるメリットもあるんですよ。

⑤体力がつく

優雅に美しく踊るバレエですが、実は体力が必要です。

バレエで得られる効果を5つピックアップしてご紹介してきましたが、まだまだ得られるメリットはたくさんありますよ。

リトミックの無料体験レッスンを受けてみよう

リトミックが気になるのなら、まずは体験レッスンを受けてみるのがおすすめ!実際にレッスンを受けてみれば、子どもに合った習い事なのかわかるはずです。

EYS音楽教室のリトミックコースでは、体験レッスンを無料で実施しています。損することはありませんので、リトミックとはどんなものなのか確認するためにも受けてみてくださいね。

リトミックとバレエの始められる年齢や月謝もよく確認してみて!

そもそも、リトミックとバレエは何歳から始められるのか、そして月謝はどの程度なのかも確認しておく必要がありますよね。

リトミックは親子リトミックとして、0歳からパパやママと参加することができます。教室によって異なりますが、腰が据わった6ヶ月頃から受け入れてくれる教室が多いようです。

バレエ教室の場合は、子どもを受け入れる多くの教室が3歳からを対象としているようです。

ちなみに、月謝はそれぞれ通う教室によって異なるため、一概には言えませんが……。バレエの方が高額のパターンが多いよう。また、バレエは発表会なども費用が必要なので、年間を通してバレエの方がお金はかかりそうですね。

発表会費以外にも、衣装代などお金がかかってくるのではないでしょうか。

もちろんリトミック教室によっては、リトミックの発表会を開催している教室もありますが、通常のレッスンで用意しなければいけないもので高額なものはないでしょう。

リトミックをはじめるのならEYS音楽教室がおすすめ

リトミックとバレエで検討した結果、リトミック教室に通ってみようと思ったのなら、EYS音楽教室の体験レッスンを受けてみてください。

EYS音楽教室にはたくさんのメリットがあり、

  • レッスンのやり直しができる
  • 補講が無料で受けられる
  • 通いやすいスタジオを探せる

などがあります。

レッスン内容に満足できなければレッスンをやり直してもらう制度があるうえ、体調不良などでお休みした分の補講が無料で受けられます。この制度は他の教室ではなかなかないので、EYS音楽教室の魅力といっていいでしょう。

EYS音楽教室の体験レッスンは無料で受けられます。リトミックとはどんなものか、教室や講師の雰囲気はどうか、子どもに合いそうかを確認するためにも、一度体験レッスンを受けてみてくださいね。

最後に

リトミックとバレエについてご紹介してきましたが、どちらも得られる効果はたくさんありました。子どもにどのような能力をつけてほしいのかを考えて選んでみてくださいね。

もちろん月謝などで比較することも大切です。通い続けることも大切なので、無理のない範囲で通える習い事を選んでくださいね。

リトミックの無料体験レッスンを受けてみよう

リトミックが気になるのなら、まずは体験レッスンを受けてみるのがおすすめ!実際にレッスンを受けてみれば、子どもに合った習い事なのかわかるはずです。

EYS音楽教室のリトミックコースでは、体験レッスンを無料で実施しています。損することはありませんので、リトミックとはどんなものなのか確認するためにも受けてみてくださいね。

リトミック」の最新記事

0120-978-900電話受付 9:00〜20:00
無料体験レッスン
カテゴリから記事を読む